宿

リーズナブルなのにお部屋は温泉!!有形文化財の宿 一の湯本館

2020年4月17日

コロナが恐ろしいものだとわかり始めたばかりの2020年春の三連休の箱根。前日泊まった宿がふるさと納税で以前から予約していてキャンセルするともう使えなくなりそうな感じだったので旅行を強行、有形文化財の宿である塔ノ沢一の湯本館に泊まりました。
箱根一の湯
リーズナブルなのにお部屋に掛け流しの温泉があるお部屋はコロナ禍でも安心。駅からちょっと遠いけど、ご飯も美味しくてまた泊まりたい宿でした。

観光地からの立地やアクセス

箱根湯本駅の渋滞
箱根の観光地は箱根湯本の商店街と強羅周辺、ロープウェイがある大涌谷周辺、箱根遊覧船が止まる元箱根と箱根町があります。塔ノ沢一の湯本館は箱根湯本駅から徒歩14分、バスで6分の宿。歩道は少し狭いけど、商店街にも歩いて行きやすく、バスも目の前に泊まるので、アクセスは良いし、色々な観光地を巡って戻ってくるのに便利なので最終日の宿としては強羅か箱根湯本がおすすめ。夕方の15時〜19時までは箱根湯本駅から続く、前の道が恐ろしく渋滞するのでその時間を避けることができれば最適な場所です。

お得すぎるお部屋

一の湯グループのホームページから予約しました。創作和食を愉しむ 1泊2食付プラン 一般大型和室(内風呂付)二人で30,800 円です。
一の湯の一般大型和室入り口
これは部屋に入った入り口で、夫がこれが部屋だと勘違いした程広い。部屋は右の襖を開けたところ。
一の湯の一般大型和室
こっちがお部屋。広すぎて笑いが出る・・こんなに広いとは!14畳で最大7人泊まれる部屋に2人とは贅沢!もっと狭くても良かったんだけどお風呂が温泉で、トイレが別なのはこの広さの部屋しか空いてなかったのよ。おまけに三連休の箱根はどこも高いのに1泊2食付で15,400 円 x 2 名とかなりお得!布団を二つ並べて引いてあっても余裕で大きなテーブルが置ける。奥には姿見鏡もあって嬉しい。
一の湯の一般大型和室の洗面所
奥にはソファー席と右には懐かしい感じの洗面所。その横にはトイレの入り口。トイレは新しくてウォシュレットで綺麗でした。喫煙所は館内の入り口外。
一の湯の一般大型和室の窓からの眺め
窓からは川が見えます。

部屋のお風呂は掛け流し温泉!

一の湯の一般大型和室の内風呂
掛け流しだからいつでも入れてとっても便利。広さは普通のホテルのバスタブと同じくらい。ギリギリ足が伸ばせるくらいの一人用のお風呂。窓を開けたら涼しい風が入ってきて、とっても良かった!シャワーのお湯も温泉。
一の湯の一般大型和室の内風呂入り口
着替えるところもちゃんとあります。寝巻きは浴衣です。

美味しいご飯

一の湯本館の夕食
夕食は一の湯創作和食で、豚肉のしゃぶしゃぶ鍋だったのであったかくてそしてすごくおいしく、隣の席と結構離れているので安心して食べることができました。
一の湯本館の朝食
朝食は干物。量がちょうどよくて美味しかった。
一の湯本館の階段
そしてこれは一の湯本館の階段です。結構急で、朝食会場も夕食会場も同じ4階なのでこれを登るのは結構いい運動になるっ。

塔ノ沢一の湯本館の評判・口コミ・評価・レビュー

5点満点で感想を。

項目 点数 1〜5
お風呂 5
トイレ 5
接客 3
綺麗さ 5
ご飯 5
快適さ
コロナ対策
持って行った方がいいもの インスタントコーヒー、シャワーキャップ、洗顔、クレンジング

注意事項にも書いてあるけど、エレベータがなく昔の趣ある建物だけあって、階段が結構きつい。食事会場は4階なので低層階のお部屋でも上に上がる必要がある。なので足腰が弱い人にはおすすめできません。駅からは遠いものの目の前にバス停があって渋滞の時間帯である16時〜19時を避ければバスですぐなので便利。ただコンビニかちょっと遠いので事前にどこかで買い物したい場合は買い物していったほうがいいかも。

  • この記事を書いた人

moe

福岡生まれ、九州育ち、東京在住で夫と二人暮らしのOLのmoeです。旅行が大好きで、旅行のためにどうやって旅行費用と旅行時間を捻出するのか、どう有効に有給を全て使い切るのかを考えることがモットー。知らない場所での町歩きやスーパー、雑貨巡りが大好きで飛行機が苦手で車の運転が出来ない。

-宿,

© 2022 アイサプ