宿

部屋の風呂も温泉!けがは川治の川治温泉 リブマックスリゾート川治に宿泊

2022年1月5日

せっかくの年末の休み、コロナの影響で実家には帰らないことにしたので、どこか行きたい!ということで川治温泉へ。けがは川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と昔から称されていたところらしい。鬼怒川温泉のちょっと先にある気になっていた温泉街。
リブマックスリゾート川治の客室風呂
楽天で2週間前に予約。浅草から一本で行けるし、1泊2食付きで18,706円/人で客室露天風呂がついているのに安いということでリブマックスリゾート川治に決定。

リブマックスリゾート川治の立地やアクセス

リバティ
リブマックスリゾート川治は、東武鉄道から伸びる野岩(やがん)鉄道の川治湯元駅から徒歩8分のところにあります。川治湯元駅は浅草駅からリバティ会津に乗ると一本でいけますが、、今回はリバティ会津が満席(T_T)で下今市で特急からローカル線に乗り換えて行きましたが、そのローカル線が2両編成とあり激混み!!密になるので要注意。リバティはゆったりしててすごくいいので残念。
野岩鉄道の駅
野岩鉄道の駅である川治湯元駅はスイカなどの交通系マネーが使えません。改札口で東武線の終点である新藤原駅からの料金300円を現金払いする必要があります。
川治湯元駅
駅周辺はコンビニさえなくトイレ以外何もない。送迎がある宿の車が2台ほどいました。リブマックス川治は残念ながら送迎なし。歩道は狭いけどほとんど車が通らないので問題なし。

リブマックスリゾート川治の設備

リブマックスリゾート川治
リブマックスリゾート川治はマンションのような見た目。
リブマックスリゾート川治
小さな売店と談話室的なもの、自販機は良心的な価格。現金が必要です。

半露天風呂付客室付きのお部屋

モダン和室10帖+半露天風呂付客室
泊まった部屋は、モダン和室10帖+半露天風呂付客室。そこそこ広く廊下も全部畳なのでくつろげる。
リブマックスリゾート川治の半露天風呂付客室
モダン和室10帖の半露天風呂付客室には脱衣所がない・・・もう一つランク上の部屋だったら脱衣所あったのにな。ご飯前と後に入ったけど、ご飯前は釜が冷たいせいか少しぬるい感じだったけど、ご飯後は適温でした。加水することなく丁度良かった。川治の湯はぬるいのが特徴らしいけど適温で良かった。
リブマックスリゾート川治の部屋
露天風呂以外に部屋風呂もありそれも温泉って書いてある。部屋風呂には脱衣所があって、しかもアメニティーがすごい!DHCのクレンジングオイル、化粧水、乳液、ヘアミルクまで!!これは本当にありがたい!もっと宣伝すべき!廊下には空の冷蔵庫がありました。無料のペットボトルなどはなし。
リブマックスリゾート川治の部屋
トイレもやや古さは感じるものの綺麗だし、コンセントもちゃんと枕元にあるし、寝巻きは薄くて短めで暖房嫌いなのでちょっと寒かった。
リブマックスリゾート川治の部屋からの眺め
部屋からの眺めは目の前に木があってあまり良くない。お風呂はブラインドがあるので外から丸見えでないから心配なし。

夕食はバイキング

リブマックスリゾート川治のバイキング
夕食はバイキングです!コロナ禍だけど嬉しい!コロナ対策は、隣の席ともそこそこ離れているし、ビニール手袋が置いてあります。
リブマックスリゾート川治の夕食
揚げ物がすごく美味しくてびっくり。特にエビフライ!ステーキもそこそこ美味しい。湯葉もありました。料理数は多すぎず少なすぎずで丁度いい感じ。

朝食もバイキング

リブマックスリゾート川治の朝食
朝食は夕食と同じ会場。
リブマックスリゾート川治の朝食
昨日揚げ物が美味しくて、朝から揚げ物。冷めているのにやっぱり美味しい。今日は大晦日なので年越しそばも嬉しい。キュウイもめっちゃ美味しくて大満足。
リブマックスリゾート川治のまでの道
雪が夜降ったようで昨日より少し雪が増えていて、テンション上がりながら歩いて駅へ。

リブマックスリゾート川治の評判・口コミ・評価・レビュー

5点満点で感想を。

項目 点数 1〜5
お風呂
トイレ 4 自動洗浄じゃない
接客 3 普通
綺麗さ 4 普通に綺麗
ご飯 4 美味しかった
快適さ
コロナ対策
持って行った方がいいもの 現金 自販機で使う、あったか部屋着、自分がいつも飲む紅茶とかインスタントコーヒー、お菓子とか

ちょっと古さはあるものの、綺麗で広く、食事会場も広々でそこそこ安心。部屋の中は廊下も畳張りでとってもくつろげました。部屋着が薄いので部屋を出るときや食事会場に行くときは寒く、寝るときもエアコンをつけたくない人は寒いので毛布を借りるかあったか部屋着を持って行ったほうがいいかも。自販機の飲み物は良心的な値段でありがたいが、現金しか使えないので注意。雪の季節は綺麗で何もないけどゆったりと過ごせて良かったです。

  • この記事を書いた人

moe

福岡生まれ、九州育ち、東京在住で夫と二人暮らしのOLのmoeです。旅行が大好きで、旅行のためにどうやって旅行費用と旅行時間を捻出するのか、どう有効に有給を全て使い切るのかを考えることがモットー。知らない場所での町歩きやスーパー、雑貨巡りが大好きで飛行機が苦手で車の運転が出来ない。

-宿

© 2022 アイサプ