日々のこと

京都に住むように旅する2泊3日お特な過ごし方

2020年11月2日

ホテルで素敵なご飯は気分がいいけど、ご飯付きのプランだと宿泊料金がたちまち高くなるし、美味しいからついつい食べ過ぎて、さらに観光中は食べ歩きしたりと暴飲暴食になりがち。そんな時におすすめなのがキッチン付きの宿。

キッチン付きの宿は面倒なイメージがあるけど、素泊まりなら安いし地元に住んでいるような気分が楽しめます。場所を商店街の近くにして商店街でお惣菜を買ったり、出前をとってみたり、お店でモーニングしたり。ホテルで食べるよりは安上がりだし、毎食食べ過ぎることもない。

キッチン付きの宿

京都は素泊まりのキッチン付きの安い宿が多くあります。小さなお惣菜のお店も豊富。特に連泊すると自分の家に帰るかのようなくつろげる旅が格安で作れます。京都2泊3日を想定したおすすめな過ごし方を提案します!

コンビニやスーパーで買い出し

はじめに2泊で必要なものをスーパーやコンビニで買い出しします。2リットルペットボトルのお茶やお水リンゴや柿を丸々一個買って、自分で剥いて切ってラップしておけばいつでも食べられます。お菓子も買うことで高級ホテルのラウンジのような気分に。安く快適な高級ホテルに早変わり。この時は近くの西友で夕食用の買い物も。

商店街でお惣菜を買う

写真は三条会商店街で全て買いました。西友もあるのでキャベツの千切りカップスープはそこで購入。お惣菜屋で煮物とエビフライ。あとは出汁巻卵とちらし寿司も美味しかったし、サーモンの太巻きは安すぎて不安だったけどかなりおすすめで、めっちゃ美味しかった!!!

三条会商店街のココがおすすめ


  • 寿司処大野屋のちらし寿司とだし巻き卵
  • 元気や三条店(確か)のサーモン太巻き

有名店の豆腐を買って食べる

京都の湯豆腐

京都の名物である、湯豆腐。京都には有名なお豆腐屋がいくつかあります。でもそれを取り扱っているお店で食べると3,000円以上して高価。有名どころの豆腐と、スーパーでカット野菜とコンビニで小さいポン酢を買えばあっという間に湯豆腐ができます。

ココがおすすめ


湯豆腐を作るのは少し面倒なら、醤油を垂らすだけで食べれるおぼろどうふや、ガンモや油揚げや厚揚げなどお惣菜として買っても楽しめます。また、デザートとしてとうよけ茶屋の豆腐饅頭はすごくおすすめ。

京都の美味しいパンを買って朝ごはんにする

京都はパンの消費量が日本一といわれていて美味しいパン屋が多くあります。宿の近くのパン屋だったり、有名なパン屋でパンを買って次の日の朝ごはんにするのがおすすめ。注意点としてはパン屋は閉まる時間が早いので閉店時間に注意。朝から買いに行ってもいいかも。例えば宇治の商店街にあるベーカリータマキでは、宇治茶を使ったパンがいっぱい。天気が良ければ同じく商店街にあるスーパーで飲み物を買って宇治川沿いのベンチで食べるのも気持ちいい。
ベーカリータマキ 宇治金時

ココがおすすめ


モーニングに出かける

京都 モーニング パンケーキラインベックのリコッタチーズのパンケーキ あっさりとして美味しい

京都には朝から空いている店は少ないけれど、探せば少なからずあります。特に紅葉の時期は朝から行くともみじの葉っぱがきれいに開いて、一層きれいな紅葉が見られるのでホテルで朝からゆっくりするよりも、観光したい場所の最寄りでゆっくりと朝ごはんを済ませて観光へ行くのも良い。

ココがおすすめ


京都の過ごし方まとめ

素泊まりのお部屋借しや民泊などたくさんあるのは人気観光地である京都ならでは。いつも行く京都も少し物足りなさを感じていたり、たまには住むように過ごしてみるのも新たな発見があるかもしれません。安くてちょっと贅沢な気分にもなれるキッチン付きの宿に泊まるのもおすすめです。

  • この記事を書いた人

moe

福岡生まれ、九州育ち、東京在住で夫と二人暮らしのOLのmoeです。旅行が大好きで、旅行のためにどうやって旅行費用と旅行時間を捻出するのか、どう有効に有給を全て使い切るのかを考えることがモットー。知らない場所での町歩きやスーパー、雑貨巡りが大好きで飛行機が苦手で車の運転が出来ない。

-日々のこと

© 2022 アイサプ