トップ 旅行記 東京近場旅

高尾山で秋のハイキング

2020年11月15日

高尾山は良いよーってよく聞くので葉っぱが色づき始めた11月の始めに行ってきました。

せっかくなのでGo To トラベルで、八王子駅前の京王プラザホテル八王子で前泊しました。

八王子駅前の京王プラザホテル八王子に泊まってきた

八王子駅のすぐ近くにある京王プラザホテル八王子に泊まってきたのでレビューします。 高尾山の登山者は日本一!高尾山に登るために前泊して朝早くから動いて、三密を避けるためです。 泊まったお部屋はエグゼクテ ...

続きを見る

Go To トラベル利用すると本人確認があり体温測定もあるので、

チェックインは結構時間かかりました

地域共通クーポン 4000円もらいました。

翌朝、京王線の高尾山口駅に9時30分に行ったのにすごい人!

8割くらいは山登りの格好で、みんな靴です!ヒールの人は一人見かけたくらい。

駅に、極楽湯がある!極楽湯の株主優待券持ってこればよかった!

駅のコインローカー全部埋まってました。荷物あづけたかったのにな。

少し歩いたら、ケーブルカーの乗り場

全員乗れちゃいます、、密です。これでも満員135名に対しの50%の乗車率なんだとか。

135名も乗れる??いつもはどんだけ多いんだろう・・・(゚∀゚)

そして車体がかなり斜め!すごい!片道490円です。

すごく斜めで、よくこんな人数乗せられるなーって感じ。

一番斜めなところが最後にきて少し怖かったけど、なんかちょっと楽しい。

さすが、日本一斜めなケーブルカー!最急勾配は31度18分。乗車時間は約6分。

ちなみに世界一はスイスにあって47度7分だそうです。絶対怖そう・・

ケーブルカーを降りたところにコインローカーがあってそこは

沢山空いていました。よかったぁー 小300円

ここから高尾山薬王院まで徒歩20分歩きます。

道はコンクリートで舗装されていて歩きやすい。

いい眺め!天気はいいけど、モヤがかっててスカイツリーとか遠くがよく見えない。。

サル園と野草園がありました。猿回しやってるみたい。

門が見えてきましたが、まだまだです。

男坂と呼ばれる、人間の煩悩の数108段の階段を登って

美味しそうなお団子を食べている人を横目で見ながら。。

ここまでベンチはどこも空いていません。

高尾山薬王院にやっと到着!ほんのりグラデーションの紅葉が綺麗!

本堂、そこまで混んでなくて良かった。狛犬ならぬこま天狗??

高尾山薬王院では色々修行もできるんだとか。。

すぐ隣には精進料理が食べれるところもあって普通は事前予約だけど

今日は予約しなくても食べれるって呼び込みしてた!!!

でも夫に却下されました。。食べたかったなぁーーー

さらに登ったり降ったりを10分ほど歩き続けると・・

ようやく山頂へ!すごい人!そして座れるところ全くなしΣ(゚д゚lll)

眺めも、、木が生い茂ってるし、よく見えなーい。山を見るの??

レジャーシート持ってきたら座れたかな。

本来なら綺麗な富士山が見えるみたいです。トイレに行って下山します。

やっとベンチが空いている!!登ってから2時間!ようやく座れた!

そしてゴマ入りのみたらし団子がめっちゃ美味しい!!!!

野沢菜おやきもめっちゃおいしい!歯にくっつかなくてびっくり。

山登りしたから美味しいのかな??

帰りはリフトで。乗車時間は12分、片道490円。

リフトを乗る列がすごい・・乗るまで15分かかりました。

だいぶ高くてちょっと怖いところもあったけど、

背の高い木がマジかに見れたり、景色がまじかに感じられて

とっても楽しかった。リフトはすごくおすすめ。また乗りたい♫

リフトを降りたら、降り場すぐ近くの有名な蕎麦屋「高橋家」

15分くらい並んでようやく席へ。席は畳でゆったり出来ます。

あったかい月見とろろそば。でも、蕎麦がかなり美味しい。

ざるそばにしたら良かったなー

ベンチで丹波栗を食べて少し休憩して帰りました。

ケーブルかーとリフトを使えば疲れないと思ったけれど、お寺から頂上までの道が思ったよりアップダウンがあって良い運動になった感じ。

たまには遠足気分で行ってみるのがいいかも。これからどっか寄っていこうという気力もなく、家に直帰しました。

最寄りのデパ地下で地域共通クーポン4000円全てをお惣菜にして夕飯にしました。

豪華な夕飯でした。

  • この記事を書いた人

moe

福岡生まれ、九州育ち、東京在住で夫と二人暮らしのOLのmoeです。旅行が大好きで、旅行のためにどうやって旅行費用と旅行時間を捻出するのか、どう有効に有給を全て使い切るのかを考えることがモットー。知らない場所での町歩きやスーパー、雑貨巡りが大好きで飛行機が苦手で車の運転が出来ない。

-トップ, 旅行記, 東京近場旅

© 2022 アイサプ