日々のこと

ふるさと納税でお得に箱根に泊まる

2020年10月11日

ふるさと納税とは、実質2,000円で色々なものがもらえちゃう、お得な制度。納税している額が大きいほどお得。例えば、10,000円払ってふるさと納税をしたらあとから年末調整で8,000円が戻ってくるので実質2,000円しか払っていないのに、ミカンやらお米やらお肉やらがもらえるので使わないと損するかもしれない制度なのです。

今回は箱根町の宿泊に使える
箱根町るるぶトラベルプランに使えるふるさと納税宿泊クーポンを使ってみました。使える宿は全てではないですが、20施設が使えます(2020年10月現在)。あらかじめ行きたい宿と日程を決めてから申し込むと良いかも。

 

 

泊まりたい宿に合わせてクーポンを選ぶ

旅行が予約できるのは、JTBが運営している、ふるさと納税サイト「ふるぽ」。こちらに会員登録が必須となります。
旅行で使える「ふるさと納税」には3種類あって、「るるぶトラベルプランに使えるふるさと納税宿泊クーポン」「JTBふるぽWEB旅行クーポン」「JTBふるさと納税旅行クーポン」のどれにしたら良いのか悩みます。それぞれ制限や期限が違うので、違いを把握して自分にぴったりなものを選びます。

特徴と違いをまとめてみました。

るるぶトラベルプランクーポン JTBふるぽWEB旅行クーポン JTBふるさと納税クーポン
予約方法 るるぶトラベルサイト「たびゲーター」のみ JTBふるさと納税サイトからのみ パンフレットから電話or店舗のみ
申し込みからクーポンが使えるまで 3~4日後にメールで届く すぐメールで届く すぐメールで届く
クーポン獲得から宿泊できるまで すぐ使える すぐ使える 出発の前日から起算して21日前の正午まで
使えるプラン 宿泊のみ 宿泊および1泊以上のツアー 宿泊および1泊以上のツアー
泊まれる人 ご本人 規定の記載なし ご本人様または2親等のご親族様
一度に使えるクーポンの数 最大5枚 1枚 3枚は使えた 規定の記載なし
もらえるクーポンの数 1つの申し込みで2枚にわけて 1枚 1枚
利用期限(クーポン発行日から) 1年間 2年間(旅行終了日まで) 2年間(旅行終了日まで)
Go To トラベルとの併用 不可 不可 可能
友人のクーポンとの併用 可能 不可 可能(本人が泊まるなら
注意点 クーポンの数が限られている キャンセル後、利用不可 21日前でしか予約ができない

泊まりたい宿をまず決めてから申し込むと無駄にせずに使えます。特に「JTBふるさと納税クーポン」は21日後の予約しかできないので要注意です。泊まりたい宿やプランが選べるのか、まずは申し込む前に空いているのかを確認すると無駄にすることがありません。

るるぶトラベルプランクーポン
https://furu-po.tavigator.co.jp/hl/14382

JTBふるぽWEB旅行クーポン
https://www.jtb.co.jp/myjtb/campaign/coupon/furupo/city/

JTBふるさと納税クーポン
「エースJTB」「サン&サン」などのパンフレット
http://ebook.jtb.co.jp/pamph/SYT/index.php
http://ebook.jtb.co.jp/gaia/index_syt.html

アイサプこ
友達や夫とクーポンが合算できるのはありがたいよね
私は電話するのが面倒だし、ネットですぐ申し込める方がいいな
ねーさん
ブラックねーさん
キャンセルできないクーポンなんて恐ろしいわ

ふるさと納税額を確認

自分がふるさと納税できる額は納税している金額によって変わります。より多く納税している人はより多く戻ってきます。つまり、収入が多ければ多いほどたくさん納税できて、お得です。ふるさと納税サイトでは自分の年収を入れることでいくらかわかるので調べてみる必要があります。納税できる額以上を購入してしまうと超えた分のお金は戻ってこないので要注意です。

例えば、単身者で年収200万円だと、約15,000円ふるさと納税ができ、単身者で年収300万円だと、約28,000円ふるさと納税ができ、単身者で年収1,000万円だと、約177,000円のふるさと納税ができます。

アイサプこ
「ふるさと納税 控除上限額シミュレーション」で検索してみてね

申し込む

どこに申し込むか決まったら、早速ふるぽから申し込みし、まずクーポン券をもらいます。クーポン券をもらったら各サイトや電話にて宿やツアーを申し込むという2段階の申し込みが必要になります。お得度は以下の通り。

ふるさと納税金額 10,000円 20,000円 50,000円
もらえるクーポン金額 3,000円  6,000円  15,000円
年末調整で戻ってくる額
(ふるさと納税金額ー実質負担2,000円)
8,000円 18,000円 48,000円
得した金額
(もらえるクーポン金額ー実質負担2,000円)
1,000円 4,000円 13,000円
ブラックねーさん
1万円払ったからといって、1万円の割引とはならないのね。収入が低いとビミョーだわ
確かにちょっとややこしいし、1万円の寄付だと1,000円しかお得にならないから微妙ね。2万円以上納税できる人にとってはとってもいいよね
アイサプこ

私の場合、すぐネットから予約したかったので「るるぶトラベルプランクーポン」を選び、30,000円寄付し、9,000円分のクーポンを購入しました。年末調整で28,000円戻ってくるので、実質2,000円で9,000円を買ったことになります。

4,500円のクーポンコードとパスワードが2個、メールで送られてくるので、たびゲータのサイトで申し込む際にクーポンコードとパスワードを入力すれば申し込みできます。ただし、一度に使えるクーポン券は5枚まで。ホテルラクーンに宿泊(1泊2食付)しました。3万円の寄付でクーポン4,500円分2枚がもらえるので、夫と私の分それぞれ合計4枚のクーポンを使い、18,000円引きの17,292円で泊まれました。

まとめ

1万円の寄付だと千円しかお得ではないので、申し込みの面倒さを考えたら恩恵はないかも。でも2万円の寄付なら4,000円お得になるので、2万円以上寄付できるならやる価値があるかな。また、有効期限が2年のクーポンは例えば今年と来年分納税した分を合わせて旅行に使う方法もあります。年収が多い方は本当にお得に旅ができるので、ご自分ではなくご両親へ旅行のプレゼントも良いのではないかと思います。

  • この記事を書いた人

moe

福岡生まれ、九州育ち、東京在住で夫と二人暮らしのOLのmoeです。旅行が大好きで、旅行のためにどうやって旅行費用と旅行時間を捻出するのか、どう有効に有給を全て使い切るのかを考えることがモットー。知らない場所での町歩きやスーパー、雑貨巡りが大好きで飛行機が苦手で車の運転が出来ない。

-日々のこと

© 2022 アイサプ